メインメニュー
サイト内検索

第18回札幌冬季がんセミナー(2004年2月7-8日)
テーマ:「いまがんを考える2004 ?予防・診断そして治療戦略」

日時

2004年2月7?8日

会場

ロイトン札幌
北海道札幌市中央区北1条西11丁目

代表世話人

細川 正夫(恵佑会札幌病院)
阿部 庄作(札幌医科大学医学部第3内科)
長嶋 和郎(北海道大学大学院医学研究科神経病態学)

主催

財団法人札幌がんセミナー
財団法人総合健康推進財団
大鵬薬品工業株式会社

プログラム

開会挨拶

 小林 博(財団法人札幌がんセミナー理事長)

Session I

食道癌の分子生物学的特性について
 演者 塩崎  均(近畿大学医学部第一外科)
 座長 細川 正夫(恵佑会札幌病院)
微少癌転移対策を考慮した手術方式の工夫
 演者 山岸 久一(京都府立医科大学大学院外科)
 座長 秦  温信(札幌社会保険総合病院)
潜在癌細胞の検出結果に基づいた手術術式と手技の選択
 演者 小川 道雄(宮崎県立延岡病院)
 座長 平田 公一(札幌医科大学医学部第一外科)
外来化学療法
 演者 小川 一誠(愛知県立がんセンター)
 座長 井上 勝一(北海道大学大学院地球環境科学研究科)

Session II

肺癌術後補助療法の現況と展望
 演者 一瀬 幸人(国立病院九州がんセンター呼吸器部)
 座長 阿部 庄作(札幌医科大学医学部第三内科)
癌外科のあり方をめぐって
 演者 加藤 紘之(北海道大学大学院医学研究科腫瘍外科)
 座長 藤堂  省(北海道大学大学院医学研究科消化器外科・一般外科)
抗体治療の現状と展望
 演者 今井 浩三(札幌医科大学医学部第一内科)
 座長 細川真澄男(北海道医療大学看護福祉学部看護学科)

Session III

CYP2A6は喫煙による発がんリスクを左右する」
 演者 鎌滝 哲也(北海道大学大学院薬学研究科代謝分析学)
 座長 長嶋 和郎(北海道大学大学院医学研究科神経病態学)
修復酵素の遺伝的多型と発がんリスク」
 演者 横田  淳(国立がんセンター研究所生物学部)
 座長 鎌滝 哲也(北海道大学大学院薬学研究科代謝分析学)
癌の薬剤耐性と薬物トランスポーターの遺伝子多型」
 演者 石川 智久(東京工業大学大学院生命理工学研究科)
 座長 谷口 直之(大阪大学大学院医学系研究科生化学・生物学)
癌治療におけるファーマコゲノミクスとファーマコプロテオミクスの現況と将来」
 演者 藤田 芳司(東京医科大学臨床プロテオームセンター)
 座長 仙道富士郎(山形大学)

閉会挨拶

 今井 浩三(札幌医科大学医学部第一内科)
プリンタ用画面
前
第19回(2005年2月12-13日)
カテゴリートップ
札幌冬季がんセミナー
次
第17回(2003年2月8-9日)

 
新着情報