SCSF 公益財団法人札幌がんセミナー

PAGE TOP

財団概要

当財団のご紹介

がんは人類に永遠の病気です。これを何とかしたいとの願いから専門家同士の国際会議をはじめ、臨床的なテーマ、市民との話し合い、そして子どものがん教育など、がん解決のためのいろいろな活動をしています。

理事長のご挨拶

 がんは人類ある限り永遠の病気です。これにどのように対応していくかは時代と共に大きく変わってきました。これからも変わっていくでありましょう。

 がんの問題は最近、遺伝子レベルの研究が盛んになってきました。このテーマは当財団の「夏の国際がんシンポジウム」でも熱心に論じられております。生死にかかわる臨床的な問題も極めて重要で当財団の「冬季がんセミナー」の主要テーマになっています。

 がんは専門家だけに任せておいてすむ時代ではなくなりました。一般市民がわが身の問題として真剣に考えるべきで、当財団の「市民がつくる 春のがんセミナー」はそのための集いです。

 がんは世代を跨ぐ永遠の問題ですので次世代の子ども達への教育も大切になります。政府も「子どものがん教育」を強く推奨しており、当財団も普及活動やDVD教材の制作を通してその推進に力を入れています。

 「がんで苦しむ人を一人でも減らしたい!」。これが私達の究極の目標であり、心からの願いでもあります。

公益財団法人札幌がんセミナー
理事長  小林 博

財団紹介ムービー

主な事業

  1. 札幌国際がんシンポジウム
  2. 札幌冬季がんセミナー
  3. 市民がつくる 春のがんセミナー
  4. 学校における子どもへのがん教育
  5. 広報誌The Way Forwardの発行

財団のあゆみ

1979年、小林 博博士(現北大名誉教授)は、米カリフォルニア州サンタバーバラで開かれた冬のThe Gordon Research Conferenceに出席し、ゆったりとした日程で学問的に自由闊達に討議する会議の在り様に深く共感されました。わが国にも同様の雰囲気の中で自由にがん研究の意見交換ができる場を設立したいと考えておりましたところ、杉村 隆先生(国立がんセンター名誉総長)のお勧めと、山崎武夫先生(故人・北海道医師会長)のご支援を受けて1981年夏にようやく実現の運びとなりました。

それが札幌国際がんシンポジウムの始まりでした。会議は第1回以降、毎年札幌で開催され、もう30年の歴史を持ちます。1983年には経済界、製薬業界からのご支援を受け、また大蔵省からは試験研究法人(のちに辞退)としての認可を受けました。

札幌国際がんシンポジウムは、がんの基礎研究のなかでも最も先端的な課題に焦点を絞った口頭発表とポスター発表から構成され、その会議内容の概要はCancer Research誌やCancer Science誌などにMeeting Reportとして掲載されています。

また、がんの臨床的な課題の討議も必要ということで、1987年以降は毎年、2月の建国記念日の前後の土日に、札幌冬季がんセミナーを開催しています。